宅地調査の内容など
 
ホームページトップへ
私たちの活動

 

 

東日本大震災の被害は、私たちの心にこれからもずっと重く長く残ります。 私たちにできること・・・「安心・安全」を伝えること
○東日本大地震(盛土宅地の被害状況)

  大雨による災害や、地震による災害が発生した場合、防災の専門家は、被災直後の様子から実際の自然現象や、人の営みとの関わりで起きる現象をできるだけ新鮮な状態で読み取るために現地調査に行きます。

そこには、被災された方々が呆然と、なにか悪い夢でも見たのではないかというような感じで佇んでおられます。地盤や地形条件などに多くの原因がある災害の場合、住民の方々に被災の理由を尋ねられてお答えすることがありますが、どこでも必ず同じ言
葉を聞くことになります。

「そんな土地だと知っていれば買わなかったのに」

大雨や地震は地球が生きている限り起こる自然現象です。それを「災害」にしてしまうのは、実は人間の知恵が不足しているだけ
なのです。そして、たとえ不幸にして災害が発生したとしても「そんな土地だと知っていれば買わなかったのに」という後悔の言葉
を被災者の方が言わなくて良いくらいキチンと地盤情報が伝わるということなのです。・・・・・地震時に地盤が原因で起きること

「あんしん宅地」は宅地の地盤情報をキチンとお伝えするため調査・診断・対策を行います。
造成宅地だけでなく、‘ひな壇’の住宅地、斜面に近接する宅地、土砂災害が気になる場所など、身近な所に潜む宅地被害の低減に「あんしん宅地」にご相談下さい。
「あんしん宅地」ネットワークは、地盤調査業、地盤コンサルタント業、不動産業等から構成されており、宅地に関する様々な問題
を、最新の知見で対応いたします。
お住まいの宅地の安全性に不安がある方だけでなく、 住宅建築・土地購入の際にもお近くの「あんしん宅地」へご相談下さい。

○関西巡検(阪神大震災被災地のその後)
○大阪阪南市の道路陥没
○東京都八王子市の斜面崩壊